top of page
square-6370863_1920.jpg

宿命のいろいろ

2024.06.05 更新

宿命天中殺のいろいろ 前編

一般的に知られている「天中殺」は、「天冲殺」の一部です。そして天中殺にも後天運で廻る「運命天中殺」と宿命に天中殺を所有する「宿命天中殺」があります。

この宿命天中殺は、日干支の天中殺範囲が年支または月支にあるもの、年干支の天中殺範囲が日支にあるもの、そして「六十花甲子」成立上の意味合いから天中殺を所有する干支も含まれます。宿命天中殺は略して「宿命中殺」とも言います。

最初の一歩

AdobeStock_423953385.jpg

大運の第1旬は、宿命が最初の一歩を踏み出す時です。一生の中で最も印象に残る10年になります。

大運第1旬は、人として知恵も付き始めますが、肉体も一生のうちで最も成長する時です。この第1旬の10年で経験することは、その後の人生の土台になります。その人の生き様の半分以上は、この第1旬で決まってしまうことにもなります。

印綬格(相生格)

印綬格, 相生格,

印綬格とは、日干以外が全て日干を生じる宿命です。これは典型的な「お神輿運」となります。

「日干=自分」が周りから生じられ持ち上げられている形になりますから、他人の力を借りて悠々と生きられる人です。そして特殊な才能を持ち、時には不気味な才能を発揮します。

特殊な宿命・・・一気成生格 (後編)

「一気成生格」とは、「年・月・日」と同じ干支が並ぶ宿命です。

稀に60年で並ぶ場合がありますが、120年に一度とか180年に一度しか並びません。しかもこの一気成生格を作れる干支は9つしかなく、極めて珍しい宿命となります。そしてこの9種類の一気成生格には、それぞれ違う意味合いがあります。

特殊な宿命・・・一気成生格 (前編)

「一気成生格」とは、「年・月・日」と同じ干支が並ぶ宿命です。

稀に60年で並ぶ場合がありますが、120年に一度とか180年に一度しか並びません。しかもこの一気成生格を作れる干支は9つしかなく、極めて珍しい宿命となります。そしてこの9種類の一気成生格には、それぞれ違う意味合いがあります。

成功してはいけない宿命

人は成功することで幸せになれると思い頑張ります。しかし宿命によっては成功することで不幸を招く場合があります。また成功する時期でもないのに成功させられ、人生を狂わされることもあります。

四大貴格(よんだいきかく)

四大貴格とは、天地連珠格(てんちれんじゅかく)四位純全格(よんいじゅんぜんかく  3種類)の4つの格のことです。これら4つの格は完全格に匹敵し、部分格の中では別格とされています。運勢の強さは最高の部類に入ります。

助けられる宿命

いろいろな意味で、助けてくれる人や助けてくれる環境に恵まれます。ただし宿命を稼働させていることが前提です。

​異性関係が多くなる宿命

異性関係が多くなる宿命はいろいろあります。この世の歴史・人類の歴史が続いているのは、男と女がいるからです。男と女の関係は、基本的には当事者でしか分かり得ないことばかりですが、その関係において運を掴む人もいれば、運に見放される人もいます。

bottom of page