干支(かんし)とは

時空間を表す記号です。日常的に見かけるのはカレンダー。「己亥年」(きどのい)だとか「癸酉月」(きすいのとり)とか、日にちの横には「かのえね」なんて書いてある場合もあります。

時空間ということは、時間のみならず空間も表している記号ということになり、空間を表す記号が「甲・乙・丙・丁・戊.己・庚・辛・壬・癸」の十干。時間を表す記号が「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の十二支。この2種類の記号を組み合わせてできた記号が干支です。そしてこの組み合わせで60種類の干支ができます。