今年はどんな年 2022年壬寅年

天中殺別今年の運勢

戌亥天中殺の人

申酉天中殺の人

午未天中殺の人

辰巳天中殺の人

寅卯天中殺の人

子丑天中殺の人

天中殺別, 2022,

戌亥天中殺の人

戌亥天中殺は日干支が「甲子・乙丑・丙寅・丁卯・戊辰・己巳・庚午・辛未・壬申・癸酉」の人です。

戌亥天中殺の人の運は「試練運」とも言われ、いくつもの試練が人生に用意されています。これは高い精神性を求めようとする余りに起こることです。そのため戌年・亥年の天中殺の間も悩みや苦しみから解放されることなく、その余韻は天中殺が明けても子年・丑年まで残ります。

そして寅年に入りやっと落ち着く頃となります。寅年ではいろいろなことがしっかりと根付き、伸びるための基盤ができます。住居や仕事も安定し、周りからも認められるようになります。ただし精神的な苦労は付いて回ります。

申酉天中殺の人

申酉天中殺は日干支が「甲戌・乙亥・丙子・丁丑・戊寅・己卯・庚辰・辛巳・壬午・癸未」の人です。

申酉天中殺の人の運は、伸びも大きくなりますが、揺れも大きくなるのが特徴です。そして独特のカーブを描きます。特に天中殺の年とは正反対になる寅年・卯年は最高運となります。

丑年は人脈に強い年です。そのお陰で寅年に入れば、夢への第一歩を踏み出すことができます。まずは仕事や収入とは無関係なところから、名誉運的な運が動き始めます。例えばPTAや町内会などと関りを持つことになり、そこから後日仕事に繋がるようになります。寅年は足元を固める年です。

天中殺別, 2022,

午未天中殺の人

午未天中殺は日干支が「甲申・乙酉・丙戌・丁亥・戊子・己丑 庚寅・辛卯・壬辰・癸巳」の人です。

午未の人の運の流れは、比較的穏やかで浮き沈みが少ないのが特徴です。穏やかということは、急激に伸びることもありません。

午未天中殺の人の丑年は、実力以上のことを求められます。そのためストレスやプレッシャーで心が重くなり、一時的なスランプとなります。この落ち込みを跳ね返すのが寅年です。

12年のうち寅年・卯年が最高の時期となり、名誉と財が同時に廻ってくる幸運期に突入します。何か目標を持つ場合は、この時期に標準を合わせておくことです。

辰巳天中殺の人

辰巳天中殺は日干支が「甲午・乙未・丙申・丁酉・戊戌・己亥・庚子・辛丑・壬寅・癸卯」の人です。

辰巳天中殺の人の運は、非常に浮き沈みが激しく荒いのが特徴です。

子年で思考の変化が起こり、丑年で新しいことを始めたくなります。先を考えずに行動を起こしてしまう辰巳天中殺にとって、この2年間の行動は危険を招き、そして落ちこむ時期となります。

寅年に入れば、その落ち込みは一時的に回復します。しかしそれは2年後にやってくる天中殺に入る前の一時的な運の上昇にしか過ぎません。

寅卯天中殺の人

寅卯天中殺は日干支が「甲辰・乙巳 丙午・丁未・戊申・己酉・庚戌・辛亥・壬子・癸丑」の人です。

寅卯天中殺の人の運は、珍しい運の流れを持ちます。そして6つの天中殺の中では最もパワーがあります。男女とも大変真面目で働き者。義理人情にも厚い人が多くいます。

そして珍しい運というのは、寅年に入ると新しいことを始めてしまう流れを持ちます。「新しいことに手を出してしまう」ことが寅卯天中殺の天中殺現象です。

そしてその影響がすぐに現れるわけではありません。そのため「強運」だと勘違いすることもあります。しかしその影響は天中殺が明けて2年後あたりに、運気がドスンと落ちるような形で現れます。

特に寅年に入れば、新しい仕事を始めるとか、人の誘いに乗ってしまうことで天中殺現象を起こしがちです。気持ちが先走っても、現状維持に努めることが肝心です。

天中殺別, 2022,

子丑天中殺の人

子丑天中殺は日干支が「甲寅・乙卯・丙辰・丁巳・戊午・己未・庚申・辛酉・壬戌・癸亥」の人です。

子丑天中殺の人の運の流れには山が二つあり、それが特徴です。山が二つということは谷も二つあります。この「二極運」の上下をどう生きていくかで成功が決まります。

天中殺が明け寅年に入れば、天中殺の余韻や後遺症も残らず、一気に運気は上昇します。自分の考えや意見が世の中に認められる運気となります。

本来子丑天中殺の人は、自分を押し出して宣伝することが苦手ですが、寅年は自分を売り込むチャンスの年です。仕事においては、それまでに温めておいたプランが日の目を見る時となります。

天中殺別, 2022,